なんだか気持ち悪く感じるのは、正月の食べ過ぎなのか
コリから、気持ち悪くなることもあります

首から?背中から?お腹から?
ゆがみの場所でちょっと違ってきます

寒さでガチゴチのカラダでは
ゆがみが分かりづらくなっています

ガチゴチの筋肉が
ゆがみを支えてくれるからです

でも、内臓の弱りからくることもありますので
必ず医療機関にご相談ください

筋肉のバランスが悪く
辛くなっているなら、ちょっと試してみてください

 

気持ち悪いのは、首から?

首まわりが硬いと
首がしめつけられるような感覚で気持ち悪いこともあります

頭を前にかしげると、首の付け根のポコッと出る骨のまわりが張り
後頭骨に向けて左右どちらかにハリがあらわれます

耳まで冷えるようなこともあります

頭と首の境目(後頭骨)あたりを温めて
筋肉の緊張をほどいてあげてください

手までしびれるようにつらいときは
肩に小指がつく位置で手を首に当てたところあたりを温めてあげましょう

ストレッチとしては
首から肩にかけての筋肉をのばしてあげましょう

胸を張って、肩を真下へ引き下げて
首は軽くお辞儀する程度です

首だけをグッと曲げると首の骨に負担がかかり
余計につらくなることもあるので気を付けてください

気持ち悪いのは、背中から?

胸やけのように
吐き気がして気持ち悪いこともあります

肩甲骨の下あたりが張り
腕にかけてハリがあるかもしれません

肩甲骨がガチガチで腕が上がりづらいこともあります

肩甲骨全体を温めたり
腕を大きく回す運動やストレッチがおすすめです

肩甲骨の下を椅子の背もたれに当てて
上体を後方へ反らせます

重心は必ずおへその下にあるようにしないと
イスといっしょに倒れてしまうので気を付けてください

ストレッチポールなどを使うのもいいです

ストレッチポール

ストレッチポール

あばら骨の下(みぞおち)あたりを
パカッと開くように、背中を反らせます

気持ち悪いのは、お腹から?

お腹が張っているような
腰が冷えているような気持ち悪さ

背中が丸くなって
腰が後方へグッと引っ張られていると
お腹の筋肉があまり使われていません

胸を開いて、背筋を伸ばし
膝とつま先がまっすぐ前向きの状態で腿上げです

足を上げたとき、それぞれの角度が90度まで曲げます
太ももの付け根も、膝も、足首もすべて90度

足裏は必ず床と平行になるようにし
小指側が落ち気味になるので注意です

下ろしている方の足の重心は、親指側にあるかチェックです

小指側にあるとふらついて
倒れやすいので気を付けてください

あとは、ストレッチです

太ももの前のストレッチの要領ですると
お腹の奥の筋肉もストレッチできます

両足を前後に開き、膝を真下に引き下ろし
上体はまっすぐ、おへそも正面に向くようにします

また、正座の状態で後方へ体を倒し
太ももの重みだけで腰を浮かせます

あとは、太ももの裏のストレッチ
両足をまっすぐ伸ばして座り、上体を前に倒すだけ

他にもいろんな方法がありますが
少しずつ、固まった筋肉をほぐしてあげましょう