お盆は台風での混乱があちらこちらで
大変だったかと思います

前もって進路がわかっていたからか
影響が少ないところもあったようです

お店にとっては、かなりの影響もありました

昔お世話になったお店のお手伝いに行きました
今の仕事とは全く違う業種ですけどね(^_^;)

ほんの数日ですが
楽しくお仕事をさせていただきました

約、5年ぶりになります

バタバタした雰囲気も
ほんと久しぶりで、懐かしかったです

当時の仲間もがんばっていらして
とてもうれしくなりました

普段は一人で仕事をしているので
お客様とのんびりとしたマンツーマンのやり取りなのですが
回転率を重視するとなると、全く違った感覚です

こういった雰囲気だと、考えさせられることがたくさんあります

整体の仕事を始めて、最初のころにお世話になったサロンでは
たくさんの従業員の方がいらして、流れ作業的な感じでした

お客様のご意向と最初の見立てからはじまります
受付後からここまでの作業はメインの方がやります

筋肉バランスを整えていく中間の施術を私たちがやっていました

その後、最終の調整をメインの方がやります

このような流れ作業の中でも
お客様のご意向があれば、最初から最後までメインの方が行います

これも勉強ですし、経験を積むための大切な過程です

私にとっては、最初から最後まで
お客様と接したいと思いました

サロンによってやり方が違います

別のお店のオープンに関わったときも
お手伝いの私たちにお客様がつくのを避けるために
準備や片付けなどの管理やビラ配りに徹したり

また違うお店では、お手伝いでも得意分野で施術して
お客様に来ていただくという作戦だったり

お手伝い先の売上アップや集客のための内容の充実のための
技術の提供をしたりと

サロンをまわっていました

たくさんのお店を見せていただくことができて
その中で思うこともたくさんあって

サロンの代表者さんの考え方によって
お店が作られていくんだなぁとか

土地によって、集客の仕方が違うんだなぁとか

いろんなところを見てきたのに
今に活かせているのかどうか・・・

代表と言っても、一人で仕事をしているのですが
自分の思いをお店の色として出していくことができればと思っていました

お客様の「こうなりたい」に対して
「どうすればいいか」を提供したく思っていて

筋肉のバランスを整えても
それを持続するために必要なこともあります

筋肉の元々の強さや弱さによって
姿勢は崩れやすくなります

普段の立ち姿勢や座る時の重心から
強い筋肉に引っ張られて、バランスが崩れていきます

整えても整えても
同じことが繰り返されます

この繰り返しの段階で
普段から意識して姿勢を維持していれば
弱い筋肉も鍛えられていき
徐々に崩れにくい筋バランスとなっていきます

これがうまく伝わらず
すぐにゆがむという結果になってしまうのです

意味のない事じゃなく
ご自身のカラダを知っていただくいい機会なんですけど・・

伝えることの難しさを痛感いたしました

思うよりも伝えなければならない

そう思うようになりました

代表者の性格の違いでお店が変わることもあり
出店する場所によって違うこともあります

それでも、整体の基本は変わらないです

先日、昔の資料などを整理していたときに
整体師としての大切なお言葉をみつけました

整体療術師の道徳

・無害であること、強い痛みによる不安を与えないこと
・腕に溺れたり、功名心から短時間短期間でなおそうとしない
・整体は病気及び傷害を本来の持っている治癒力でなおすのだが、
治癒力の低下によりなおせないでいるものを整体術師は手助けをするのであることの認識
・生涯、学習と反省と基本を忘れないこと

自然治癒力のすばらしさをもっとたくさんの方に知っていただきたいです

そのためのお手伝いを
整体から伝えていければいいなと、改めて思いました

サロンによって考え方が違うでしょうが
人それぞれ、性格によっても違うでしょう

従業員を抱えているお店ではできないことができるのも
個人のお店のいいところでもあるんですね

お店のお手伝いに出られたことに感謝します
頑張っているみなさんに勇気づけられました