昼間の日差しは暖かそうに見えますが
でもやっぱり冷たい(>_<)

夜もさらに冷え込みます

パソコン作業の指先の冷えをものすごく感じます

指先を冷やさないようにするのは難しいですが
冷えにくくすることはできます

「手首を冷やさない」です

手袋をすると、キーボード操作がやりにくい
だけど、指先のない手袋がいいのではないでしょうか

昔、むかーし・・・大昔に流行った指無し手袋

指先が無かったら、めっちゃ冷えるのでは?
でも、手首までしっかりと保護する手袋があればいいんです

外に出てる分、指先の表面は冷たくなりますが
指先がかじかんで冷たいのとはまた違います

手首を温める方法として
10センチくらいの幅のリストバンドはいかがでしょうか

手首を動かして指先を温める方法としては
手を上下にぶらぶらと振るんです

毬つきのように、または「おいでおいで」するしぐさ

あまり速く振り過ぎると
風をおこして寒くなりますので注意です

それよりも、乾燥には注意してください
冷えて乾燥してだと、皮膚の柔軟性が無くなって
ひび割れやすくなります

その上負担がかかるような使い方をすると
ピキッといっちゃいます

キーボードを打つだけでも
負担になります

オイルやクリームなどで保護してあげてくださいね

指のお手軽マッサージ

オイルやクリームなどでマッサージしながら
しっかりと指先まですり込みます

手のひらや甲はしっかりとぬれるけど
指先のほんとの先は結構見逃されがち

指1本をもう片方の4指で包み込むように握り
親指で丸くなでるようにすると塗りやすいです

塗る方の指の甲側を握る方の手の指の股くらいに置いて
4本の指で握りこみます

握る手の小指が塗る方の指の付け根にかかるくらいの1位置で
指の腹が少し見えるくらいになります

ひとそれぞれ手の大きさが違うので調整してください

指の腹から爪に向かって
塗る方の親指でクルクル回すように塗ります

指先の血行を良くするためには

恋人つなぎのように手を組みます

指と指をしっかりと挟み
ギュッと力を入れて、離れないようにします

この手を胸の高さまで上げて
両肘も肩の高さを保ちます

肘を外側へ引きます

組んだ手が離れないように
しっかりと指を挟みます

こうすることで指の付け根が刺激されます

最後は招き猫のように手首を曲げながら
指を握りこみます

日本版招き猫と外国版招き猫のように
手の甲が上向きと、手の甲が下向きの2種類もやってみましょう

もしも手首を曲げたときに、ピリピリと指先の方に感じたら
腕もしくは、肩や首で筋肉のハリがきつくなっているかもしれません

また、腕に力が入りにくいなどがありましたら
必ず医療機関にご相談ください

寒くて感覚が弱くなっていたりすると見逃しがちです

深刻な状態にならないように
普段からご自身のカラダに注目しましょう