冬が近づき、暑い日よりも寒い日が増えてきています

この時期に気になるのが乾燥です
特に水仕事をしている方には、手の乾燥が気になるのではないでしょうか

洗い物をすると、その時は水分に覆われていますが
終わってから、手を拭いて、そのまま表皮の水分までとんでします

水仕事の後には、必ずハンドクリームでケアしたいですね

ところが、そうもしていられないのが日常
家の用事や食品関係の仕事だと無理に近いですよね

オイルケアができる石鹸を
普段の浴用のものに変えるのも手ですよね

皮膚表面の油分をコントロールできれば
少しでも水分が蒸発しないようにケアできますしね

寝る時は、ハンドクリームでうるおいをキープしシルクの手袋をして寝ます

このシルクの手袋も重要です
衣服内環境をととのえてくれるんですから

温度や湿度を管理してくれます

できれば、ツルツルの生地のものを選ぶといいです

ガサガサタイプのものだと
皮膚表面に摩擦が生じて、傷がつきます

痒みを助長させてしまいます

ツルツルタイプの絹手袋を裏返して使います

縫いしろ部分があたると
これもかゆみの原因となり得るからです

とにかく「保湿」が大切なんですよね

私も手は荒れやすいです

特に水仕事が続くと
皮膚表面の水分が奪われてしまい
ほんの少しの摩擦でも、傷となって荒れていきます

痒くて、黄色い汁が出ている時は
キズを早く治す絆創膏で保護しています

皮膚表面に膜ができると
今度は、傷つかないように保湿をします

ハンドクリームでしっかりと守ります
合わせてシルクの手袋をはめます

私が使っているのは、スチームクリームです

全身に使える保湿クリームですので
フェイスケアにも使っています

乾燥は、皮膚表面が毛羽立って
そこから傷となってバイキンと戦うんです

炎症を起こすと余計にかゆみが襲ってくるんです

治りかけると さらに皮膚が硬くなり
柔軟さがなくて、動きによって引っ張られて割れてしまいます

こういうひび割れが続くと
どんどん皮膚が硬くなってしまいます

水分ってほんとうに大切なんですね