近所を車で焼き芋屋さんが通ると
欲しいなぁと思ってしまいます

じっくりとゆっくりと焼いていくと
甘くなるらしいです

おうちで焼き芋をするときも
オーブンでじっくり焼き上げるのがいいそうですね

って、なかなか自分では難しいです

安納芋

今は、スーパーで焼き芋のコーナーがあって
すでに焼きあがっているものがあります

なんて便利なんでしょう

時々買ってしまいます

だけど、ホクホクなので
のどがつまりそうになります

のど越しがいいのは
やっぱり、安納芋でしょうか

オレンジっぽい色で甘くて
私は好きです

シルクスイート

だけど、甘さだけで言えば
砂糖のような甘さの、紅はるか

昔ながらのホクホク感もありちょとしっとりもあり
他品種に比べて優れているということで「はるか」と名付けられたそうですが
はるかに甘い!というので紅はるかともいわれているそうです^^

砂糖っぽい甘さなのは
麦芽糖を多く含んでいるからだそうです

素材の味やら蜜のような味よりも
馴染みのある飴のような味が落ち着きます

紅はるか

シルクスイートも甘いんだけど
しっとりとしたなめらかな食感がいいですね

なんだか全部甘いで済ませてしまっています(^_^;)
秋なので、焼き芋三昧でいいかもしれませんね
その時の気分で分けてもいいですよね

味はやっぱり「紅はるか」かなぁ
お腹が空いたときのおやつにいいかも^^

舌ざわりは「シルクスイート」
食後のデザート的な感じにいいかなぁ

のどごしは「安納芋」
頑張ったときのご褒美におだやかなひと時が味わえるかも

まぁ、どれも思った時に食べるのが一番ですよね

マロンゴールド

そんな中見つけたのが「マロンゴールド」
栗のような甘さのホクホクとしたさつまいもらしいです

ちょっと気になって買ってみました
でも、焼いていないので自分で焼かなきゃいけません

おうちで焼き芋って作ったことが無くて
とりあえず、ネットで調べてみました

じっくりと低温で焼くのがいいそうで
洗ってから濡れたままの状態でアルミで包み
170℃のオーブンで1時間~1時間半くらいだそうです
(大きさによって違うので、串をさしながら様子を見ながら焼きます)

とにかく低温でじっくりらしいです

というわけでチャレンジしてみました^^

まずは1時間焼いてみました

触ると、表面がまだ硬いです
まだまだ焼けているような雰囲気ではないです

何となくですが、触って少し柔らかい感じが
焼けた!という感じのような気がします

あと30分、さらに焼いていきます

レンジから出す前に、鍋掴み越しにさわってみると
なんと柔らかくなっているではないですか!

1時間たったときに触ったら硬かったから
半分諦めていました

これがさらに柔らかくなるのか不安で
失敗だと思っていました

長さが15センチくらいで直径が8センチくらいの大きさのおいもさんで
1時間半かかりました

レンジの中はまだ余熱であったかいので
もうしばらく置いてみました

置けば置くほどじっくりとあたためられて
もっと甘くなるのかなぁと期待しています^^

マロンゴールド焼き芋

焼き上がり、余熱が落ち着くころに
切ってみました^^

オレンジ色の断面に、甘さを期待しましたが
しつこい甘さはありませんでした

「栗のような甘さ」という説明通り
栗っぽいです^^

安納芋の食感に栗の味をつけたような感覚です

お菓子とかに良いのかなぁ

でもやっぱり、普段はシルクスイートで(*^-^*)
たまに安納芋を食べるのがいいのかも