梅雨の合間の晴れの日
日中はとても暑いですね

日が落ちても、まだ熱気があり
お部屋の壁にもこもっています

漆喰でお部屋の壁を塗り固めると
ちょっと涼しく感じます

上野のお店の内装は
元々クロス張りだったんです

ストライプ柄で昭和のイメージと日焼けで
ちょっと古めかしいのでリフォームしました

今流行りのDIYってやつです^^

「うま~くヌレ~ル」のクリーム色
6畳のお部屋で18Kg1つと5Kg2つくらい使いました
扉までクロス張りだったのでココもしっかり塗りました^^

合わせて、シーリングライトに変えると
天井が高く感じます

天井まで暗かったのがものすごく明るくなり
なんとなく夏場でもひんやりしますし
冷房じゃなくドライでじゅうぶん冷えます

昼間の熱がしっかりと壁に吸収されていたんですね

これが夜中の寝苦しさにもつながっていたのでしょうか

もう一つの寝苦しさの原因としては
肩から首まわりのかたさ!

曲線の動きを阻止する首や腰の硬さ

ものすごくフワフワのベッドに横たわると
なんだか心地いい^^

カラダのしなやかさが
寝心地を左右します

ゴロンと寝返りを打つときって
カラダをひねります

その時、肩や腰の柔軟性が低いと
寝返りを打つのに一苦労

それだけ体力が必要となります

特に首まわりが硬いと
肩がうまくゴロンとやりにくいです

首と肩のつなぎ目部分と
肋骨の終わりと腰のつなぎ目

この2か所を柔軟にしたいです

そこで!エアー背泳なんかどうでしょう

特に肩の動きと骨盤の動きに注目しながら
ばたつかせないように、そ~っと ゆっくりと

クロールも同じような動きでは?なんて思ってしまいますが
この季節はどうしても前傾姿勢ぎみ・・・

反対の筋肉を使って強化して
前側の筋肉を伸ばしたいです

だから 背泳 なのです
泳ぎは苦手なので(;^ω^)エアーでなりきりです

夏の暑さとダルさで
前かがみになりつつ、顎が前に出てしまいがち

どんどん重心が上へ登って
カラダが重たく感じやすいのです

うーん・・ 安定しにくい状態ってことですね

それだけ体力使うので
余計に疲れやすくなるというわけです

しんどい時こそ
おへそのチョット下の丹田に重心を取る

気合の入れ直し ですね