足裏にあるガチガチかかと
パンストに引っ掛かったり
お布団の中で引っ掛かったり
自分の脚も傷つけたり

ガサガサが引っ掛かって
余計にガサガサがひどくなったり

困りますよね

立っているときに
硬くて、歩きにくく感じたり
慢性化して、これがあたりまえと思ってしまうと
そんなにつらくも感じないかもしれません

だけど、そろそろ春

ミュールでおめかししてお出かけも
ちょっとはずかしいかも

そう思っておうちでケアでもしようかと
いろんなグッズが売っています

どれがいいのか迷うかもしれません

お店で使っているのはレデューサーというもので
ヘラのようなものの両面にサンドペーパーのようなものがついています

角質ケアレデューサー

片面は粗い
もう片面は細かい

この2つの面を使い分けます

粗い面でざっくり角質を落として
細かい面で表面を丁寧に整える

このような使い方をしますが
角質の削りすぎにご注意ください

皮膚表面の角質は
本当は皮膚を守るためのものです

たくさんついていて 硬くなっている部分を落とすだけです

本来 垢となって剥がれていくはずのものを落とすだけです

落としすぎると、直 皮膚 です
ピンク色に見えてくるともう削りすぎです

ガチガチかかとの場合、割れて溝が深いと
その奥の部分が皮膚にちかく
ついつい削りすぎがち

気を付けてください

削りすぎたら、歩くときに痛みが走ります

ヒリヒリ といいますか ピリピリ といいますか
薄い赤い表面です

2~3日くらいは、このような痛みが続きます
体重と靴などとの摩擦によるものです

痛みがなくなるころには、皮膚表面に角質ができ始めたころです

削りすぎた部分に刺激が常に加わった状態です
乾燥が激しく、赤いのに白っぽくかさついてみえます

必ず保湿だけはしてください
保湿だけでは追いつかない場合は
お風呂上りや寝る前にクリームなどで保護してください

刺激と乾燥がさらにかさつきを呼び込みます

うすくかたくなっているので
皮膚の動きが、筋肉全体を固まらせてしまいがち
足裏がさらにコリかたまる

角質が硬いと足裏の柔軟性にも影響を与えてしまい
足がだるく感じる方も多いかと思います

角質を整えても
同じところに重心がかかると
垢が剥がれず、角質がたまってしまいます

姿勢が足裏にも影響を与えるんです

かかとに角質が溜まりやすい方は
腰まわりが硬く、骨盤のゆがみも考えてみてください

指の付け根の下の部分にタコができやすい方は
猫背気味で前傾姿勢や肩~首筋が硬いかもしれません

姿勢を整えながら
少しずつ角質を整えていくのが一番理想です

急に角質を全部取ってしまっても
歩きなれないのもありますが
重心のかたよりからの圧迫で、角質が増えやすくなります

様子を見ながら少しずつです