乾燥をさらに実感する12月

お顔の乾燥も気になります
しっかり保湿をしなきゃですね

そんなお顔のケアで鏡をのぞき込んだ時
ちょっと気になるのがほうれい線

たるみなどでもくっきり出てきますが
左右の形の違いがきになります

人相では色や形などで
病気の兆候や人望などがあらわれるそうです

でも、お顔のゆがみでも
ほうれい線の左右差がでてくるのです

ほうれい線の流れ方

いきなりお顔の骨格が変わるのではなく
肩や首まわりの筋肉がバランスを崩すと
目や小鼻、口角などの位置も変わってきます

耳の高さがかわると
ゆがみがはっきりとわかります

ほお骨の高さが変わると
ほうれい線の流れ方が変わります

ほお骨の位置によって小鼻の向きが変わります

小鼻につられて、目が移動します

こめかみの左右のハリが違ってくると
目の疲れにもつながります

目につられて、耳の高さが変わってきます

ほうれい線に向かって
お顔のパーツが移動すると
ほうれい線の長さや形が変わります

特にアゴの位置が関係します

左右のかむ力が違うと
アゴのゆがみにもつながります

筋力バランスと歯の並び方が
アゴのゆがみにつながります

アゴのゆがみと耳の高さは
首のゆがみにも影響します

首もゆがめば、肩むゆがむ

肩がゆがめば、腰も・・と全身に影響します

整体的には、姿勢のゆがみは
カラダやココロの疲れから崩れていきます

ゆがみ同士がバランスを取り合って
骨盤の位置の変化から、足元、肩~首
そして頭までのバランスを崩します

顔トレ運動で整える

目元は
しっかりつむって ぱっと開く
斜め上の遠くを見つめて、近くを見る

口元は
「 イ 」のくちと「 ウ 」のくちを交互に
早くしたり遅くしたりします
そして「アイウエオ」をめいいいっぱい大きなお口を開けて
スタッカートに息を吐きながら言います

頬は
左右の口角を交互に上げます
さらに上げた口角と同じ方の目をつむりながら行います
エアーで歯磨き後のすすぎの口「くちゅくちゅ」を行います

お顔全体がほんのり暖かくなってきます

耳の高さを調節するように
鏡を見ながら、低い方の耳の丸みを軽くつまんで
カーブした部分に親指をひっかけて、上へと引き上げます

親指とその他の指を使ってアゴのラインに沿って
アゴ先から耳へ向けて、
つまむようにほぐしていきます

歯並びや噛み癖などで顎まわりの筋肉の差が大きいと
なかなか筋バランスがとりにくいですが
少しずつ、気長に始められてはいかがでしょうか

首まわりや肩まわりのバランスの崩れが大きいと
お顔のゆがみにかなり影響します

整体などで整えてから
ゆがみがどこから来ているか教えてもらうのもいいですね

単にお顔だけなのか、肩からなのか腰からなのか

判断はなかなか難しいかもしれません