春の日差しが強くなる季節です
しっかりと紫外線対策していきましょう

合わせて、黄砂がたくさん飛んでいますね(^_^;)
ホコリなどハウスダストに弱い方は、しっかりとマスクで対策しましょう

ほんの少し飛んでいても、乾燥していたら
のどが弱い方は、さらにつらいかもしれません

この季節は体調管理も難しく
肌荒れを起こしている方も多いかもしれませんね

こういう時こそ背筋をしっかりと伸ばしてストレッチです!

連休疲れも出ているならば
前傾姿勢気味でしょうか

疲れがのしかかってくると
背中を丸めて上半身が腰へと重く乗ってきます

腹筋で支えられず
カラダが重く感じて、ダルくなるのではないでしょうか

こうなると呼吸も重く
やる気も徐々に失せていく・・

なんて感じているときは
しっかりと、背筋を伸ばして森林浴

・・・やりたいけど しんどくて 動けない・・・

こんな状況ならば
まずは呼吸をしやすくするために、お腹をのばす

10センチくらいの筒状のものがあれば
肩甲骨の下あたりに置いて、腕をしっかりと頭上方向に伸ばして
後方へ上体を倒していく

あまり無理のないようにです

筒状のものがなければ
バスタオルを丸めて使うのもいいですね

あまり硬いものだと
筋肉の緊張が大きいと伸びにくいです

また、骨格のゆがみによってもつらく感じることもあるので
最初は青竹ふみのような小さなものや、やわらかい素材のものでチャレンジ

私が使っているのは、インターネットで購入したストレッチポールです

ストレッチポール

ストレッチポール

2000円ほどで売っていました^^

値段は高いものだと6000円もするものもありますが
これで充分です

そんなにデザインやメーカーにもこだわらないですし
毎日しているわけじゃないですし(^_^;)

肩甲骨まわりがつかれると
呼吸の筋肉にも影響してきます

呼吸に使う筋肉としては、お腹まわりの筋肉たちが主ですが
肺が膨らんだりするときに動く肋骨も
肩甲骨まわりが柔軟でないと、動きにくくなります

せっかく森林浴にきても
深呼吸しづらい筋肉の鎧だと
「この気分転換は、自分に合ってないのかなぁ」って思ってしまいます

縮みがちなお腹の筋肉を伸ばして
呼吸と同時に動く肩甲骨まわりの筋肉も伸ばす

肩甲骨は首にもつながっているので
前かがみの姿勢で固まりがちな首の筋肉もしっかりと伸ばす

5月にありがちな疲れを
ポイントを決めて効率的なストレッチ

おへそのちょっと下にある丹田に重心を集中させて
内腿にチカラが入るように足の親指側にも意識をする

腹筋を縮めてカラダを支えるのではなく
腹筋を伸ばした状態での筋力でカラダを支える

肩甲骨が外へ開かず
背骨側に絞り込む

胸がしっかりと開いてくると
呼吸も楽になります

姿勢のゆがみによっては
ちょと辛く感じることもあるかと思いますので
無理のないように、呼吸に合わせてゆっくりと行いましょう

他に原因があるようでしたら
医療機関に相談しましょう

疲れは放置しないでくださいね^^