運動会を春に行うところと秋に行うところとありますね
昔は、秋だったのに・・・
いや、小学校は秋で中学は春にやっていたような記憶があります

中学では体育祭という形だったような気がします(^_^;)
なんせ昔のことなので、記憶が微妙です

今は、ゼッケンをプリントしてつけるんですね
びっくりしました

手書きでキレイにみえるように書いていたのが
業者さんでキレイに作ってくれたり
ゼッケンプリント用の印刷グッズもあるようです

パソコンの時代だからですね

美術の授業で明朝体やゴシック体を手書きするというのがあって
新聞を切り抜いて、それを見ながら練習しました

その練習の成果が、ゼッケンへとつながっていたのですが
印刷の方がやっぱりきれいですね^^

アイロンで付けるタイプと縫い付けるタイプがあるのですが
やっぱり楽な方を選ぶとしたら、アイロンですよね

ノリがついていて、はがれにくい反面
学年が変わると、付け替えるのに はがしにくくなります

アイロンで付けたら、アイロンではがす

ゼッケンをはがすときに、アイロンで温めながらはがすのですが
スチームを上手に使えば、結構きれいにはがれます

だけど、残っちゃうんですよね ノリが・・・

あて布をして取るという方法も
なかなかキレイにとれないんです

ブロード生地で、無地のものを用意します
安いのだと、さらしなんかで十分だと思います

タオルや柄の入ったものだと
失敗したら、体操服の方に色や毛羽がついてしまいます

胸側と背中側と両方にあて布を当てて
スチームで温めて、ノリを柔らかくしてはがします

根気よく何度もやるのも
すごく時間がかかります

エタノールでポロポロとる方法もあるようですが
余計に粘り気がでて、やりにくかったです(^_^;)

シールはがしスプレーのように、きれいにはがせる液体があればいいのに
相手が布地なら、むずかしいのかもしれませんね

昔は手縫いでやっていたのですし
それが一番いいのかもしれませんね

ミシンでガーッと縫っても
来年張り替えるときに、体操服に穴が開くかも

ミシンって結構頑丈で、目が細かいので
何度も縫い直しとなると、穴が開いてしまいます

洋服を作る時でも、縫い直しをすると穴が気になります
体操服の生地だと、目立ちそうですね

小学校なら、すぐに成長するから
穴が開くころには、サイズが変わって
新しいのを買わなきゃいけなくなるかなぁ

昔の体操服に比べたら
かなりしっかりとした生地になっているし
あまり、深く考えなくてもいいのかもしれませんね

それよりなにより、運動会当日がいいお天気で
暑すぎず、楽しく過ごしていただけたらいいですね
もちろん、ケガもなくです^^