寒さが増してくる1月2月

週末からの寒気のせいで
伊賀も名張も雪景色

今日も伊賀は雪がうっすらと積もって
今朝は、凍ってました

ツルツルの道ですので
歩くときには十分気を付けてくださいね

まだまだこれから雪の季節です

気を抜かずに^^

この急激な寒さで
血流がのんびりしやすいのが足指

足の指は「趾」と書きますが
ここではわかりやすく「足指」とさせていただきます

特に手洗いやふろ上がりできちんと拭き取れていない状態で放っておくと
皮膚表面が乾燥しやすくなります

かんそうした皮膚の動きは
その下の筋肉の動きまで固定してしまいます

動きにくくなった筋肉は
この時期は特にですが、血流不足で
冷えやすくなります

皮膚の乾燥による柔軟性不足には
店頭で販売していますクリームがおすすめですが
筋活動を活発化するために
足裏の筋肉のストレッチも大切です

オイルを使ったリフレクソロジーもおすすめですが
おうちケアとしては、クリームで保護するです

小さなお子様の手のしもやけっぽいものは
クリームで保護してあげると緩和してきますが

足の指のしもやけは
クリームケアだけじゃなく筋活動も上げてあげなければいけません

足の指の筋肉は
足裏を通ってふくらはぎにつながっています

この足裏は、体の重心によって
部分的に硬くなりやすいのです

足指につながる筋肉が硬くなってしまうと
足指の動きもゆっくりになってしまいます

血流もゆっくりになって
しもやけ状態になりやすいのです

乾燥をふせぐためにクリームでケアしつつ
足裏の筋肉をほぐしてあげましょう

合わせて行いたいのが
足指運動です

親指の付け根の下のポコッと出た部分
よく言われるのが「外反母趾の出っ張り」部分

ここからしっかりと曲げるように
指をギューっとにぎりこみます

指先だけで握りこむと
足裏がつりやすくなるのできをつけてください

わかりやすいにぎりかたといては
親指と人差し指でボールペンを挟んで握りこむ

足で字を書くような感じの持ち方です

しっかりと握りこめるようになれば
足指の筋力があがります

大地をしっかりとけりだせるようになるので
歩き方にも変化が生まれます

皮膚の柔軟性も筋肉の動きに
ものすごく関与します

手荒れも
もしかしたら、手先の冷えにかかわっているかも

店頭で販売してるのは、ドイツのアルペンハーブを使ったクリームで
乾燥した肌を保護してくれます

5歳の甥っ子が、手洗い後にきちんと拭かないので
表面が真っ赤になって、まるでしもやけ状態

かゆくてカサつきだしたので、このクリームで保護してあげたのですが
子供の再生機能のすごさに驚きました

クリームケアをしてあげると
保護+代謝の良さ=3日でおさまった

大人はそうもいかなかったです(^_^;)

お試しもできますので
一度 ご相談くださいませ

保護するための、クリームケアですので
傷ついている状態ですとご使用いただけませんので
医療機関でご相談くださいませ