一気に冬が来て、寒さが厳しくなりました
雪もドカッと降っている地域もあります

寒さ対策も大切ですが、危険を予知して
早めに対策をとってくださいね

寒さ対策では、あったかいインナーや防寒着としての上着があります

それでも冷える方は
筋肉がちょっとおやすみがちなのかもしれません

特に足の指先が冷える方が多いと聞きました

足が冷えるのは骨盤のゆがみや筋力量の低下が原因と言われています

筋肉の収縮活動がエネルギーとして活発化すると
カラダがあったまってきます

指先の冷えに関しては、筋肉意外にも可能性のある原因があります

それは、浮指と言われる 指の形です

サンダルやミュールなどの踵が固定されずに
スリッパのように履く方に多く見られます

履物が脱げないように指を曲げている状態は
指が曲がった状態の筋肉が作られます

足首が上方へと曲げられ、その部分の筋肉が強化されます

すると、拮抗する筋肉が弱ってしまいます
バランスが崩れてしまって むくみやすくなります

女の子は太ももの内側の筋肉が弱いです

男性でもガニマタの方は弱いです

内側の筋肉が弱く外側の筋肉が強くなる
これも拮抗する筋肉とのバランスが崩れているんです

浮指の状態だと、ふくらはぎが弱っているため
むくみやすくなります
(一般的な見方なので、個人によって原因が違ってきます)

鍛えるためには、足指のグーパー運動が最適かと思います

浮指だとずっとグーにしている状態では?なんて思いがちですが
大地をグッとつかむ筋肉が弱いんです

できれば床に物を置いて それをつかむ運動が適しています

床をつかむように指を使うと
必然的にふくらはぎの筋肉も使います

できていなければ、足首がとても固くなっています

足首をくるくると回して
しっかりとストレッチをしてあげましょう

下肢を開脚して前屈してストレッチ

股関節を柔軟にして
お腹に戻るリンパを滞らせないようにしましょう

お腹が冷えてどうしようもない場合は
仙骨というお尻の真ん中の骨の部分にホットカイロを貼ってあげるもの手ですね^^
(直貼りは危険ですのできちんと取扱説明書を読んでください)

神経回路を介して下肢をあたためてくれます(足首まで)
もちろん骨盤内のお腹部分もしっかりとあたためてくれます

それでも、指先の冷えはどうしようもありません

しっかりと指を動かして
天然の血流による温め作用で冷え対策をしてみてはいかがでしょうか