なんだかノドも肌もカサカサ
秋の乾燥がやってきましたね

ハンドクリームでケアしていても
やっぱり荒れてしまう

ちょっと前まで、手荒れがひどくて
ゴールデンウイーク過ぎくらいから、なかなか治りませんでした

以前もらった薬を使っても
かゆみは落ち着いても、ジュクジュクしたまま

気付けばひどくなってしまっていました

病院で新しい薬をいただいたところ
それがまたよく効いたんです

赤く腫れあがったようになっていたのですが
1週間ほど飲み薬と塗り薬でキレイになりました

でも、その後はちょっと皮がめくれたりと
乾燥してきてしまった感じです

これは新しい皮膚がどんどん生まれているということで
そのまま薬を塗り続けていいそうです

ヤバいのかと思って、一度 薬を止めてみたのですが
お医者様に相談して、不安もなくなりました

9月の初めごろに皮膚科に行って
その時に、首のまわりのイボのことも相談しました
何かのウイルスというわけでもなく
液体窒素で焼いてもらうことになりました

着替えたり体を洗ったりで、引っかかって痛かったのですが
ブヨブヨしていた表面が硬くなって、さらに痛くなりました(^_^;)

2週間以上たってからまた病院に来てくださいといわれていましたが
めちゃくちゃ引っ張られて痛くて><

でもがまんして、2週間たつと
かさぶたとなって取れていきました

ここまでがとてもつらかったです

とらずにそのまま放置だと
ずっとイボがひっかっかって、日常生活に支障が出ます

ちょっと跡が残ってる感じですが
そのうち消えていくのかなぁと思います

イボの表面が硬くなってから
最初のころはあまり変化はなく
徐々に伸びるような感じでした

丸いイボだったのですが
皮膚との境目がどんどん赤くなって
気分的には、引きちぎられたような気分です

説明を受けたときは
かさぶたが剥がれるように取れていくとのことでした

まぁ無事に剥がれたので良かったのですが
この先はどんな風に治療が進むのでしょうか

何度か液体窒素で焼くと聞いていましたが
このつらさが、まだまだ続くのでしょうか(^_^;)

もうすぐ3週間ですので
仕事の都合を見つつ、また病院へ行ってきます

このイボと合わせて、シミのクリームをいただきました

ハイドロキノンという成分で
これを塗っている間は、日焼けはご法度だそうです

SPF50という、めっちゃUVケアのクリームも一緒に買いました

夏場のお化粧の下地にもUVケアなんて気づかいもしなかったのですが
今回は、ものすごく気をつけています

時々差し込む日差しも
なんとなく日よけをしてしまいます

薬を塗っている間に日焼けをすると
余計に黒くなるそうです

1ヶ月くらいで、少し色が薄くなる感じで
3か月後くらいに、はっきりと色が薄くなるのがわかるようです

人それぞれ違うでしょうし
紫外線の浴び方にもよるでしょうし
とにかくちょっと頑張ってみようと思います

目の横のシミが気になって
こういうのってどんなのかなぁと気になったこともあって
この秋から冬にチャレンジしております

たまに塗り忘れたりしますが
どんなもんなのか?という興味の方が大きいので
実験的な気持ちでやっています

年齢的にも、こういった紫外線ケアもしていかなきゃですよね
年を重ねていく準備をしておかなきゃです^^

カラダの柔軟性も、内臓の活性化も
見た目も大事ヾ(≧▽≦)ノ

苦労しつつ、楽しみつつ
ココロから楽しもうと思います