山肌にうっすらと積もった雪が残る大山田に
季節のコース料理を味わいに行ってきました

市内から中瀬のインターを超えて大山田に向かい
服部川の川沿いを走って山間を抜けて、左に曲がります

R163から一つ入った道を進めば
いつの間にか細い道に入り、小さな看板があります
そこを入るとお店があります

家から近いのですが「はるばる」さんです^^

お店の前に駐車場があるのですが、大きな看板がないので
初めてだとわかりにくいかもしれません

入口に大きな暖簾がかかっているのですが
ほんとに、一瞬わかりにくいかもしれません

お庭も素敵です^^

古民家って、寒いイメージがあり
伊賀の底冷えにはつらいかもと思ったのですが
床暖房でとってもあったかいです

薪で沸かしたお湯が
足元を流れていいるそうです^^

大きな窓からは、お昼の日差しが入り込んで
ポカポカしています
そのまま寝ころびたいくらいです(^^♪

玄関の扉は2重になっていて
正面には火鉢のオブジェでお出迎え

とっても明るい雰囲気の店内は
おうちでくつろいでいるような気分です

そんな素敵なおうちでいただく日本料理がまたおいしいんです

コース料理なので、1品1品出てくるのですが
幸せをかみしめながら、ゆったりとした時間を過ごせました

季節のお料理が楽しめるのですが
写真を撮ればよかったかなぁ(^_^;)

お店の写真だけは撮らせていただきました^^

初めに出てきたあん肝は、人生初でして
こんなにおいしいものは初めて食べました

これから出てくるお料理が楽しみになりました

目でも楽しめるお料理で
ほんとに色々出てきたのですが
幸せいっぱいかみしめすぎて、ゆっくりでないと思い出せないかも(^_^;)

珈琲とデザートとフィニッシュを迎えるまでの間
伊賀のおもてなしが、お料理にもお店の雰囲気にも
こころ和むひと時を過ごせました

粕汁がとてもおいしくて
るみ子の酒の酒粕だそうで

私もこちらのお酒は好きでして
女子会の試飲会に一度参加してみたいですね

酒粕も買えたのですが
トースターで両面を焼いて、はちみつをかけると
チーズみたいでおいしいそうです

今度試してみようと思います

全部のお料理がおいしかったのですが
なんとなく自分でできそうな混ぜご飯の作り方を聞き
おうちでもやってみました!

季節のなばなとちりめん山椒の混ぜご飯です

ちりめん山椒は自家製だそうです
なばなのほんのり苦みと山椒のぴりりがまたいいヾ(≧▽≦)ノ

土鍋で炊いたご飯も格別においしい

おうちではできないけど(^_^;)
炊飯器で炊いた残りご飯で、ちょっとチャレンジしてみました

ごはんは電子レンジであっためて
なばなはさっと洗って小さめに切って、ごま油で炒めて
自分で作ったちりめん山椒を混ぜて完成

ちりめん山椒は、お酒を火にかけてアルコールを飛ばし
硬いちりめんと瓶に入って売っている山椒の実を入れ
砂糖と醤油とみりんで味付けして、汁が無くなるまで煮ます

この作り方は、レシピで調べました^^
アルコールを飛ばすのと、山椒は先に入れることは
友達に教えてもらいました

お店の味を再現までは無理でしたが(^_^;)
おいしくできあがりました
この季節にはおすすめの食べ方ですね

季節によっていろいろ変わる日本料理
また別の季節にお邪魔したいですね^^

会合などの集まりで予約もできるので
ほんとにおすすめです(*^-^*)