秋口にも乾燥がひどい日がありましたよね

一旦、落ち着いたのに
それが、今も乾燥が気になっています

12月に入って、最初の頃はあまり気にならなかったのですが
中ごろに向かい、手先の乾燥が気になります

お顔も乾燥しています

化粧水をつけていて実感するのですが
お顔にのせてしみこませるのに、手のひらで温めながら押さえると
手の乾燥の方に、水分が奪われます

風邪でもないのに、ノドがガラガライガイガするのも
乾燥によって、ノドが荒れている場合もあります

おかしいなぁと感じたら
かかりつけ医に相談しましょう

特に問題もなく
炎症もないのなら、肩まわりの筋肉が
ちょっと固まっているのかもしれません

肩や胸まわりの筋肉が硬くなると
呼吸するにも、筋肉の緊張で動きづらい

凝り固まった動きにくい骨格を動かすには
普段よりもちょっとチカラが必要となります

筋トレにはいいのかもしれませんが
この時期の体力を考えるとちょっとつらいかもしれません

肩甲骨まわりの筋肉をゆるめて
呼吸しやすい体をつくりましょう

急激な気温低下で乾燥しがちな空気は
ウイルスなどが飛びやすい環境です

マスクなどで口まわりをガードしても
ウイルスは侵入しやすいのでは?って思いますが

口まわりを布などで覆うと
自分の吐いた息で、ノドが保湿されるのです

お掃除のときに、窓ガラスに向かって「はぁ~」って息を吐くと
白く曇ります

この水蒸気的なものが
マスクの中でも発生するのです

なので 潤いやすい環境ができるのです

春などは、湿ったガーゼを忍ばせていましたが
冬は、自然と作られるのでちょっと楽ですね

あとは呼吸しやすいように
しっかりと胸を張ってみましょう

寒くて肩をすくめる動きをしていると
猫背にもなるし、肩もこりやすくなります

肩先に軽く手を添えて、肘を大きく回すストレッチで
肩まわりをスッキリさせてあげましょう

肘が体に沿うよに(なでるように)動かすと
肩甲骨がしっかりと動きます

早く回すのではなく
ゆっくりと大きく回してください

特に、肘が背中側になったときに
後ろで肘同士がくっつくくらいの気持ちで近づけると
肩甲骨が内側に絞り込まれます

ここが緩めば、首の動きも軽やかになるので
ぜひ試してみてください^^

痛いのを無理してするのではなく
ゆっくりと呼吸に合わせて行ってください