重心の偏りで、足裏によくタコができます
踏ん張る方の足裏にできるんです

私の場合、タコの目のようなものがあって
踏ん張るたびにまわりの皮膚が硬化して、どんどん育っていくタイプです

痛みのないうちはいいのですが
徐々に育って、痛むこともあります

その前に気付くのは、成長するほどに地面との摩擦が生じるのでしょうか
靴下が薄破れてくるのです

タコの硬さと地面との摩擦で破けてくるのです

では、かかとの硬くなるのはどうなんだろう
後に重心があるからです

ガニマタやウチマタによっても
かかとの外側や内側に角質の硬化が見られます

重心が偏るためにそこへ圧が加わり
他の部分と比べて皮膚が刺激を受けるので、角質が溜まってしまうのです

皮膚を守るための防御反応なのです

タコ

前に重心があるために、この部分の角質が
ターンオーバーで剥がれ落ちずにとどまってしまったものです

これがいわゆる タコ です

ハイヒールや先のとがったくつをはくと
こういったタコができやすくなります

小指の下の側面や親指の腹や関節にできやすい方は、靴が大きくて
中で足が前方にすべり、タコができやすくなります

靴が小さかったり、安全靴で先が硬いものだと
親指の側面にタコができやすくなります

他の要因もあるのではっきりとは言えませんが
以上のような傾向があります

こういったものはレデューサーというサンドペーパーのようなへらで
特別なジェルを使って角質を柔らかくしながら削っていきます

角質は核を持たない細胞の死骸のようなもので
細胞間脂質のうるおい成分も含みつつ汗などで潤っているものですが

本来、ターンオーバーで剥がれていく角質(垢)が
刺激を受けた皮膚がその部分を守ろうとしてたまっていき
その量が多くなれば最上部の表面が乾燥してしまいます

かかとの肥厚

これがどんどん増えていくほどに、表層が乾燥して
かさかさかかとになってしまうのです

肥厚部分が大きくなれば亀裂も入ってしまいます

カサカサになる前に、きちんとケアしてあげましょう

タコ除去

かさかさ除去

本来はプニプニフワフワでなければいけない足裏

クッションの良い足裏だと
歩く時に負担もかからないのです

柔らかい中敷きを敷いた靴をはいているような
低反発のマットの上を歩いているような

そんな足裏が理想です