台風で、少し暑さが緩んだかと思いますが

また、暑さが戻るそうですね(^_^;)

 

体調管理・・・っていうのが、しっかり食べて、しっかり寝る

 

無理しないのがこの季節の乗り切り方でしょうが

それでも、なんだか疲れたなぁと思う時があります

 

そんな時に、赤しそジュースって

なんだかホッとします

 

水分と塩分って言われますが

ちょっと酸味のあるものもなんだか落ち着きます

 

かといって、梅干しが苦手なものですから

見ただけでも、唾液がういてきます><

 

それなのに、飲みやすいと感じるのが赤しそジュース

 

作り方はいろいろで

レシピのサイトでもたくさん紹介されています

 

私が作る赤しそジュースは

・赤しそ1キロ弱

・お水1.5リットルくらい

・青しそ2枚くらい

・お砂糖2~300グラム

・米酢100cc

 

クエン酸を本来は入れるようなのですが

そんなに頻繁に作るわけじゃないから

家にあるお酢でもできるそうなので、代用しています

 

酢ぅ臭く感じるかなぁと思いましたが

そうでもないです

あったかいところへ投入するから、臭みが消えるのかもしれませんね

(って、何となく思っただけです(^_^;))

 

青しそを入れるとさわやかになるという方がいらしたので

前回4枚くらい入れました

そしたら、ちょっと青臭く感じて飲みにくかったんです

 

今回は半分くらいにしたら

なんとなく、さわやかさだけがうっすらと感じてよかったです

前回は入れすぎたのかもしれませんね(^_^;)

 

煮だしたところへ砂糖を入れてすぐは、なんとなく青臭く感じます

お酢を入れると、紫色から赤紫に変わります

冷めると、青臭さがなんとなく消えたような気がします

 

これを普通の炭酸じゃなくて、サイダーで割ります

甘みの足された炭酸水です

 

お砂糖が少なくても、甘みを感じる赤しそジュースになります

というわけで、砂糖は他の方よりも少なめです

 

 

作り方は、分量の水でお湯を沸かして、洗った赤しそと青しそを投入

ガシガシと洗いすぎると、なんだか栄養分まで落としそうで

汚れが落とせるくらいザっと洗います

 

15分くらい煮だして、煮だした赤しそをザルに取り出して

しっかりと絞って、汁と赤しそに分けます

 

赤しその汁を再び沸騰させて

分量のお砂糖を入れて、煮溶かします

 

火を止めて、分量のお酢を入れてかき回します

 

冷ましてから、煮沸消毒をした瓶に入れて冷蔵庫で保存します

 

耐熱ガラスの容器は、近くのディスカウントショップコスモスさんで

300円でお釣りがくるお安さで手に入ります^^

なんだかうれしくなって、甥っ子宅用にも作りました

 

飲むときは、お好みでお水や炭酸で割って飲みます

私は炭酸で割るのが飲みやすいです

 

水で割ると、遠くで梅干しの影がちらほらして

何だか飲みにくく感じます

 

小1の甥っ子は「ぶどうのジュース」と言って飲んでいます

お気に入りです^^

 

まだまだ赤しそは売っています

夏だけの特別ジュース( *´艸`)

今しか飲めないんです

 

私もバテそうかなぁと思った時に

ちょっと飲むと、なんだか元気になるような気がします

 

暑ぅ~ ダルぅ~ と感じたら

ちょっと一息、氷いっぱいの炭酸赤しそジュースはお勧めです^^

 

この時期だけなので、ぜひ作ってみてください