小寒・・・そりゃあ寒いわけですね
本格的な冬の寒さの時期だそうです

そして大寒がきて、立春まで
グッと冷え込むんですね

底冷えが全体に冷える感じの寒さで
暖房もあんまり効いていないような気にもなります

しかも乾燥もひどい
風邪予防はしっかりとしてくださいね

こう寒いと、足先の冷えが気になります

底冷えのひどい時は
足指の指同士の重なりで血行が悪くなり
指のしもやけが気になります

こんなに寒くても
子供は裸足で走り回っています

大人と違って、子供の足の指は
しっかりと大地を踏みしめて歩きます

指の一本一本がしっかりと動いているのです

足指が動かないと
拇指とほかの指との間に挟まれて
身動きができずに血行が悪くなりやすいです

そこでこの冷え込みが重なると
しもやけになりやすいのです

足の指は見えない部分も足の指

手の指もそうですが
足の指も、見えている部分よりももっと先にまで指があります

甲の部分にほんのりと浮かぶ骨の線
これが1本1本バラバラに動くといいのですが
足の指はなかなか難しいです

手の指をぎゅっとにぎると
こぶしの部分に山ができるように
足指も握りこむことはできるでしょうか

親指と人差し指の間にボールペンを挟んで
ぎゅっと握りこむとできやすいかもしれません

ボールペンを握る趾

親指の筋力が弱く
小指側に傾いていると
もしかしたら骨盤にゆがみがあるかも

趾(足の指)の血流をよくしましょう

足の指はしっかりと動いていますか?

足の裏の指の下あたりにタコができやすい方は
もしかしたら、指の動きが悪いかもしれません

ちょうど肉球のような部分のところです

ここが硬いと、足指がしっかりと動かず
指先が冷えやすいです

足の指が一本一本しっかりと動くように
しっかりとほぐしてあげましょう

湧泉(ゆうせん)と呼ばれる部分
土踏まずの上端あたりにあるのですが
ここを温めたりほぐしたりファイテンパワーテープを貼ったりすると
指先の血流も良くなってきます

このとき必ず、親指の筋力も必要です

重心が小指側に傾いていると
他の四趾も動きが悪くなり
拇指とその他の指と挟まれて、血行が悪くなり
しもやけになりやすいのです

特に人差し指や中指です

もし、しもやけになっちゃったら

かゆくて太くて赤くて・・・

パンパンに張っているときは
クリームやオイルなどで優しくほぐすと
徐々に指が動きます

少しづつ筋肉を使て
握りこむ運動をしつつ
親指の筋力も上げていきます

指をぎゅっと握りこんで
足の甲を手前に引き寄せるように、足首を曲げて
小指側を上方へ上げる(親指側を落とし込む)

足首もしっかりと動かしつつ
親指の筋肉をつけていきましょう

しもやけがパンパンに張り過ぎている時や
炎症など起こしているときは無理しないでくださいね