そろそろ冷え込んでくるというのに

モンステラに新しい葉がでてきました

 

モンステラ9月新芽

 

気付けば土手にも、ヒガンバナが咲いていて

暑さ寒さも・・・そろそろ寒くなる

 

去年は彼岸が来ても暑かったような気がしますが

今年はもうすでに羽織るものや長袖が必要です

 

そんな中、モンステラに新しい葉が出てきて

寒くなるのになぜだろうと思いました

 

葉が出始めたときはわかりにくいのですが

伸びてくると・・・葉が小さい

 

日差しの加減でしょうか

 

暖かい光が入り込んでくると

植物たちも生き生きとしてきます

 

新しい葉も、お日様の方向を向いています^^

 

まだまだ暖かいと思っていても

雨の日には、気温もあまり上がりません

 

葉をのばそうとして、でも寒かったから

控えめの葉っぱが出てきちゃったんですしょうか

 

サンスベリアも、新しい葉が出てきたのですが

ボンサレンから出てきた子株は、普通のサンスベリア

 

KIMG0261

 

太いのが出てきてくれるのかと思っていたのに

ちょっと残念です

 

そういえば、名張にお店を出したときに

当時の美容室の店長さんからいただいたものもそうでした

 

モンステラスタッキー

 

サンスベリア・スタッキーだと思うのですが

新しく出てきた芽は、ちょっと細めのサンスベリアでした

 

あの太くてしっかりと真っすぐに伸びた肉厚の葉じゃなかったんです

どうすれば同じような葉が出てきてくれるのでしょうね

 

でも、普通の子株もかわいいですけどね^^

 

こうして生き生きと育ってくれると

なんだか気分もいいですね

 

げんきを分けてもらえるような感じです

 

別の部屋に置いてあるクワズイモが

ちょっと元気がなくて

 

もう少し日の当たたる場所へ

移動させた方がいいのかもしれませんね

 

お日様って大事ですね

 

人間もそうですね

 

朝から日の光を浴びて

カラダに朝を知らせてあげなきゃ

一日が始まらないのかもしれません

 

そんなお日様の光が今届いているのも

何十万年もの大昔にできたものだそうで

 

長い年月をかけて放たれた太陽の光は

私たちの元気の源になるんですね

 

今日はいい秋晴れで

明日から、台風で雨だそうです

 

そんな気配が感じられないけど

しっかりと台風対策をしなきゃですね